ホーム > 銀だらみりん/銀だらみりん誕生秘話

魚匠庵 自慢の魚
銀だらみりん/銀だらみりん誕生秘話

農林水産大臣賞受賞

魚匠庵 自慢の魚たち 銀だらみりん/博多初めて物語

はじまりは魚匠庵でした

日本で初めて銀だらみりんを考案した魚匠庵

銀鱈といえば、ほんのり甘くて柔らかい「銀鱈みりん」を思い出す人が多いでしょう。
今では、九州だけでなく、全国的に広く知られるようになった銀鱈みりん。実はこの銀鱈みりんを作り出したのは魚匠庵だということをご存知ですか。
昭和四十年代、魚の干物を得意としていた魚匠庵に、当時博多ではなじみのなかった銀鱈を、博多っ子好みの味に仕立てられないかと、魚市場から相談されたのがはじまりでした。

一つずつ丁寧に職人の思いを込めて

「一つずつ丁寧に職人の思いを込めて」職人泣かせの銀鱈

醤油と甘いみりんを合わせ、試行錯誤を重ねたこだわりのタレに銀鱈を漬け込み、軽く干して旨味が凝縮された銀鱈みりんは、職人も納得の仕上がりに。
たちまち、博多の食卓の名物として知られるようになりました。
一つずつ手作業で切り身にする銀鱈は、脂ののりが良くすぐに包丁が切れなくなるほど。
職人泣かせの銀鱈を丁寧に心を込めて捌き、仕上げる銀鱈みりんの美味しさは格別です。

「銀鱈を美味しく加工できないか」魚匠庵が生んだ銀鱈みりんの誕生秘話

「銀鱈を美味しく加工できないか」
魚匠庵が生んだ銀鱈みりんの誕生秘話。
なじみのない、魚のプロである私たちの元に舞い込んだひとつの相談が、銀鱈みりん誕生のきっかけとなりました。

匠、秘伝のタレ

魚を知り尽くした匠が、秘伝のタレを考案。
「新しい銀鱈の食べ方を」と魚匠庵の匠が行き着いたみりん漬けという手法。しかし銀鱈は脂が多く、他の魚で使っていたみりん漬けの調味液を使うことはできませんでした。そこで、銀鱈みりんのために新たな調味液を開発。試行錯誤のうえ誕生した味は、平成18年の全国水産加工総合品質審査会で農林水産大臣賞を受賞しました。

市場で働く魚のプロたちに愛さる銀鱈

市場で働く魚のプロたちに愛され、
博多のまちの大人気商品に。

私たちが開発した銀鱈みりんは市場で働く魚のプロたちにも絶大な人気を得て、博多のまちで愛されるようになりました。ほどよくのった脂、ぷりぷりとして食べやすい身、日本人の舌に合うみりんの味わい。その美味しさは全国各地に広がり、今では魚メニューの定番として多くの人に食されています。

ご紹介した商品は、こちらでお買い求めいただけます。

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
新規会員・メルマガ登録はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリ

  • 辛子明太子 贈答用
  • 辛子明太子 ご自宅用・お得用
  • お魚 贈答用
  • お魚 ご自宅用・おすそわけ
  • 詰め合わせ
  • お手軽ひと品
  • その他 ご自宅用・おすそわけ
博多あごおとし

Facebookページも宣伝